あなたのブログ運営をアップデート!

まずはこの記事!『SEOとは?』

キーワード出現率の目安は?SEO効果は?【調査で判明した事実】

 
キーワード出現率の目安は?SEO効果は?【調査で判明した事実】
この記事を書いている人 - WRITER -
✅このまま会社にいても『給料は頭打ち・頑張りを搾取される・将来が先暗い』ことを悟り、18年春に行動を開始した遅咲きブロガー。(正直に言えばまだ咲いていない) ✅【やるなら本気で!】と背水の陣で投資した高額教材。しかしそれでも稼げない現実に絶望。自力でコツコツやるしかないと開き直り、200記事書いてとうとう1円も稼げなかったブログとお別れ。(後日収益5桁発生) ✅失敗を糧に、ブログ運営に失敗しないための知識・戦略を提供するべく、現ブログを立ち上げ。 お気軽にフォローください(`・ω・´)ゞ
詳しいプロフィールはこちら

 

キーワード出現率が SEO に与える効果が気になりますか?

 

結論から言います。

 

キーワード出現率が多いと、SEO 効果が高い(掲載順位が高い)傾向にあります。

 

しかしこれからお見せする調査結果や、「キーワードを増やす」という手法に惑わされないでください。
本質は別のところにあります。

 

本記事では、独自の調査結果から判明したキーワード出現率の目安、SEO との関連性について述べていきます。

 

 

キーワード出現率の目安は?

キーワード出現率をどれくらいにすればいいか悩んでいますか?

 

あなたが狙うキーワードの上位記事の出現率を目安にしましょう。

 

クエリによって出現率が大きく異なるため、一概に何%とは言えないからです。

 

キーワード出現率の調査結果

3 クエリ・ 90 サイトのキーワード出現率を調査したところ、以下のような結果となりました。

 

調査内容

🔎ブログ関連の 3 クエリ

🔎検索結果 110 位、5160 位、101110 位それぞれのキーワード出現率と文字数を確認

調査結果
キーワード出現率(平均)1〜10 位51〜60 位101〜110 位
A クエリ2.47 %1.69 %0.62 %
B クエリ2.68 %1.89 %1.83 %
C クエリ7.54 %5.57 %5.70 %

 

文字数(平均)1〜10 位51〜60 位101〜110 位
A クエリ3767 文字3182 文字4977 文字
B クエリ4487 文字3530 文字2518 文字
C クエリ4924 文字2828 文字3478 文字

 

結果から見えた傾向は以下。

 

  • キーワード出現率が高いほうが、順位も高い
  • 文字数が多くても、キーワードとの関連性が低いと順位も低い

 

これらは絶対の定義ではなく、あくまで傾向です。

 

キーワード出現率が高いと、なぜ SEO 効果があるの?

Google の検索アルゴリズムが、あなたの記事のなかから以下2つの情報を読み取り、キーワードとの関連性を評価するからです。

 

  • キーワードがページ内に含まれているかどうか?
  • キーワードが出現する頻度

 

クエリに一致する情報が含まれるウェブページを探します。ごく基本的な検索を行った場合、アルゴリズムはインデックス内で検索キーワードを探して適切なページを見つけます。そして、そのキーワードが登場する頻度やページ上の場所(タイトル、見出し、本文中など)について分析します。

情報の関連性を評価するための最も基本的な要因は、検索クエリと同じキーワードがウェブページに含まれているかどうかです。キーワードがページに出現する(特に見出しや本文に含まれている)場合、そのページの情報は関連性が高い可能性があります。

 

検索アルゴリズム

 

つまり、キーワード出現率が高ければ、関連性が高い可能性があるということになります。

 

調査結果を見ても、上位と下位の記事のあいだには、明確なキーワード出現率の差がありました。

 

では、キーワード出現率を増やせば上位が取れますか?

 

残念ながら、キーワード出現率単体で、絶大な SEO 効果はありません。

 

単にキーワード出現率が高いだけで、情報の関連性が高いとは判断されないからです。

 

もしそんな判断基準だとしたら、キーワードさえたくさん入れておけば、Google の検索結果が不正に操作できてしまうことになりますからね。

 

Google は「スパム的な手法」をとても嫌います😵

 

キーワード出現率は、あくまで「掲載順位を決定づける要因のひとつ」に過ぎないことを理解しましょう。

 

「犬」を検索する場合、必要なのは「犬」という単語が何百回も出現するページではありません。つまり、ただクエリの言葉を繰り返すだけでなく、クエリに対する答えが含まれているページかどうかを見極める必要があります。

 

検索アルゴリズム

 

要因のひとつにすぎないなら、なぜキーワード出現率が高い記事の掲載順位が高いのですか?

 

それは上位の記事が、「さまざまな SEO 対策を、網羅的におこなっている場合が多い」からだと予想できます。

 

その証拠に、キーワード出現率がかなり低くても、掲載順位の高い記事もありました。

 

ふぅ、これで手法に惑わされずに済みますね😉
とはいえ、やらなくていいというわけではありません。

 

キーワード出現率が低すぎるのは問題です。

 

キーワード出現率を確認する方法

今回の調査では、以下のツールを使用しました。

 

キーワード出現率を確認できるツール🔨

ファンキーレイティング

 

URL もしくはテキストを貼り付ければ、キーワード出現率を知ることができます。

 

上位記事よりキーワード出現率が低ければ、これを増やすことを考えてみてください。
※なお、出現率が低い場合(21 位以下)は、結果に表示されません。

 

キーワード出現率を増やしたいですか?

 

つぎの章で増やし方を解説します。

 

キーワード出現率を増やすコツ

キーワード出現率を増やすために、以下の 2 つをおこなってください。

 

  • 見出しにキーワードを入れる
  • 指示代名詞を減らす

 

この 2 つをおこなえば、キーワード出現率がかなりアップします。

(しかし忘れないでください。パーセンテージがすべてではないことを!)

 

それぞれ解説していきます。

 

見出しにキーワードを入れる

見出しにキーワードを含めていますか?

 

たとえば、3,000 文字のコンテンツで見出しが 5 つあるとします。
3,000 文字のコンテンツには、だいたい 1,000 語前後の単語が含まれています。

 

そのうちキーワードが 5 回(見出し つ分)出現しただけで、キーワード出現率が 0.5 %アップ!

 

この見出しヘキーワードを入れるという手法は、気づいていないひとも多いです。
しかし真の狙いは、キーワード出現率を高めることではありません。

 

見出しは「h タグ」とも呼ばれ、Google がキーワードとの関連性をチェックするうえで、本文よりも重要視している情報なのです。

 

本文中のキーワード出現率を気にするより、「見出しにキーワードが入っているかいないか」を気にするべきかもしれません。

 

見出しにキーワードが入っていないと、「狙ったキーワードとの関連性が低い」と判断されてしまうおそれがあるからです。

 

どの h タグレベルまでキーワードを含めればいいですか?

 

それについては、以下を参照してください。

 

  • h1 タグ(記事タイトル):必須!
  • h2 タグ(大見出し):推奨(ただし可能なかぎり含める)
  • h3 タグ(小見出し):推奨
  • h4 タグ以降:任意

 

本文にキーワードを追加するまえに、まずは見出しを確認しましょう!

 

指示代名詞を減らす

「この・これ・その・それ・あの・あれ」などの指示代名詞をよくつかいますか?

 

キーワード出現率を増やすには、これらを減らすアプローチも効果的。

 

23 文以上前の文章について、指示代名詞を用いるのはやめておきましょう。
ユーザーさんの理解をさまたげる場合があります。

 

ページを読み飛ばしたとき、ユーザーさんはこうおもうかもしれません。

 

🤔「あなたはいま、何について話していますか?」

 

特にキーワードに関して指示代名詞をつかってしまっているなら、キーワードに置き換えましょう。

 

キーワード出現率を調整するときの注意点

キーワードはできるだけ増やしたほうがいいですか?

 

いいえ、不自然に多いのは好ましくありません。

 

キーワードをやたらと多く含めると、最悪の場合「スパム」と判定されるおそれがあります。
あくまで不自然にならない範囲で増やしましょう。

 

これをうまくやるのも、ひとつの「技術」です😉

 

まとめ:キーワード出現率はあくまで目安、テクニックに頼りすぎない!

キーワードを記事タイトルや見出しに含めるのは、有効な SEO テクニック。
(結果としてキーワード出現率も増える)

 

しかし単にテクニックとして実行しても、結果はついてこないでしょう。

 

「ユーザー目線でどうなのか?」を考え、実行することがたいせつです。

 

🤔「このコンテンツは読みづらいです」

 

そうおもわれることのないよう、巧みにキーワードを増やしましょう。

 

ではでは(`・ω・´)ゞ

↓このブログのテーマだゾウ!

【変人向けテーマ】ELEPHANT3とは?購入した変人が売り文句を検証

✅ブログ集客のための機能満載!
✅SEO対策のGoogle評価100点!
✅ユーザー配慮の読込みスピード!
✅コード1つで簡単カスタマイズ!
✅個性的で人とカブりづらい!
✅複数ブログで使い回しOK!

この記事を書いている人 - WRITER -
✅このまま会社にいても『給料は頭打ち・頑張りを搾取される・将来が先暗い』ことを悟り、18年春に行動を開始した遅咲きブロガー。(正直に言えばまだ咲いていない) ✅【やるなら本気で!】と背水の陣で投資した高額教材。しかしそれでも稼げない現実に絶望。自力でコツコツやるしかないと開き直り、200記事書いてとうとう1円も稼げなかったブログとお別れ。(後日収益5桁発生) ✅失敗を糧に、ブログ運営に失敗しないための知識・戦略を提供するべく、現ブログを立ち上げ。 お気軽にフォローください(`・ω・´)ゞ
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ずーかまブログ , 2020 All Rights Reserved.