あなたのブログ運営をアップデート!

まずはこの記事!『SEOとは?』

All in One SEO Pack のやってはいけない設定【SEOに悪影響】

 
All in One SEO Pack のやってはいけない設定【SEOに悪影響】
この記事を書いている人 - WRITER -
✅このまま会社にいても『給料は頭打ち・頑張りを搾取される・将来が先暗い』ことを悟り、18年春に行動を開始した遅咲きブロガー。(正直に言えばまだ咲いていない) ✅【やるなら本気で!】と背水の陣で投資した高額教材。しかしそれでも稼げない現実に絶望。自力でコツコツやるしかないと開き直り、200記事書いてとうとう1円も稼げなかったブログとお別れ。(後日収益5桁発生) ✅失敗を糧に、ブログ運営に失敗しないための知識・戦略を提供するべく、現ブログを立ち上げ。 お気軽にフォローください(`・ω・´)ゞ
詳しいプロフィールはこちら

“All in One SEO Pack” と言えば、ワードプレスのSEO対策を手軽におこなえるプラグインとして超有名ですよね。
ブログ初心者から上級者まで、多くのワードプレスブロガーたちに愛用されています。

 

しかし、一部の設定をミスると、SEOに悪影響をおよぼすかもしれないことをご存じですか?

 

本記事では、「All in One SEO Pack でやってはいけない設定」をやっちまってた筆者の経験をもとに、対処法を解説します。
設定をミスってないか、一度ご確認を!

 

この記事でわかること
  • All in One SEO Pack でやっていはいけない設定
  • やっちまった場合の対処法

 

 

All in One SEO Pack でやってはいけない設定【2つある】

All in One SEO Pack でやってはいけない設定【2つある】

やってはいけない設定は、以下の2つ。
まずはひとつ目。

 

「一般設定」編

  • コンテンツタイプ設定 > SEOを行うコンテンツタイプのみ >「メディア・添付ファイル」にチェックが入っていたら…Oh no!😭

all in one seo pack の一般設定でやってはいけない設定

 

つづいて2つ目。

 

「XMLサイトマップ」編

  • XMLサイトマップ > 投稿タイプ >「メディア・添付ファイル」にチェックが入ってたら…Oh no!😭

all in one seo pack のXMLサイトマップ設定でやってはいけない設定

 

※All in One SEO Pack でサイトマップ作成を行っていない方は、関係ありません。

 

上記2つのうち、どちらか1つでも設定を入っていたら、SEO的に悪影響の可能性アリ!

どうですか?問題なかったですか?

 

もしもやっちまってた場合、いったいどんな悪影響があるのでしょうか?

 

画像だけの空ページが作成され、SEOに悪影響

画像だけの空ページが作成され、SEOに悪影響

ワードプレス上で、下図のような本文(メインコンテンツ)のない、画像だけの空ページ”が作成されてしまいます!

 

画像だけの空ページの例

 

画像だけの空ページが、なぜSEO的に悪影響なのか?
Googleの検索品質評価ガイドラインに照らし合わせてみると、答えが見えてきます。

 

ガイドライン内の「低品質なコンテンツ」の定義のひとつに、「情報量が少ない」という項目が・・・
画像だけの空ページは、まさにこの項目に該当します。

 

本文がない=情報量が少ない

 

ということですね。
情報量が少ないというか、ほぼゼロですよね…

 

つまり、“低品質なコンテンツ” だという解釈が成立します。

 

“低品質なコンテンツ” の定義をくわしく知りたい方は、以下記事もあわせてどうぞ
Googleの検索品質評価ガイドラインを翻訳し、解説しています。

 

 

もし1記事につき画像を5~6個使用していたら、ワードプレスで1記事投稿するたびに低品質なコンテンツが5~6個増えていくことに。
僕がまさにこの状況で、20数記事投稿して約130個の “低品質なコンテンツ(画像だけの空ページ)” が作成されていました・・・

 

これって、SEO的に良い影響があるわけがないですよね。

 

画像だけの空ページが作成されていないか確認する方法

ワードプレス上に画像だけの空ページが作成されていないかは、以下の指標で判断可能です。

 

指標:インデックス数(Googleの検索エンジンに登録されているウェブページ数)が、投稿した記事数に対し不自然に多くないか?

 

該当するのはたとえば、「投稿している記事数に対し、インデックス数が倍以上ある」場合など。
※インデックスには、カテゴリー・プライバシーポリシー・問い合わせなどの固定ページも含まれるため、投稿した記事数と多少のアンマッチがあるのは問題なし。

 

インデックス数を確認する方法は、以下の2つ。

 

確認方法①:Google検索で確認

Googleの検索窓に、「site:ブログのURL」と入力します。
検索結果に表示される件数が “インデックス数” です。

 

Google検索でインデックス数を確認する方法

 

僕の場合、記事数27に対して、インデックス数は161件でした。(多っ)
このように、“投稿した記事数より不自然にインデックス数が多い” 場合、画像だけの空ページが作成されていると判断できます。

 

検索結果のページを送っていくと、画像だけの空ページの存在が実際に確認できるとおもいます。

 

画像の空ページがGoogleの検索結果にインデックスされている例

 

確認方法② : サーチコンソールで確認

サーチコンソールにログインし、「インデックス > カバレッジ」を選択。
[有効] の数字が、インデックス数です。(Google検索した場合と数値が異なる理由は不明)

 

サーチコンソールでインデックスカバレッジを確認する

 

こちらも①同様に、投稿した記事数とインデックス数に大きな開きがある場合、画像だけの空ページが作成されていると判断できます。
画像だけの空ページがある事実が確認できてしまったなら、さっさと対策してしまいましょう。

 

画像だけの空ページが作成されてしまった場合の対処法

画像だけの空ページが作成されてしまった場合の対処法

この章では、設定ミスをしちゃってた場合の対処方法について解説!
まずは、画像だけの空ページができる要因となった設定を直していきます。

 

「一般設定」を適正化

  • コンテンツタイプ設定 > SEOを行うコンテンツタイプのみ >「メディア・添付ファイル」のチェックを外す

画像だけの空ページが新たに作成されないようにするための一般設定変更(All in One SEO Pack)

 

「XMLサイトマップ」の設定を適正化

  • XMLサイトマップ > 投稿タイプ>「メディア・添付ファイル」のチェックを外す

画像だけの空ページが新たに作成されないようにするためのXMLサイトマップ設定変更(All in One SEO Pack)

 

ここまでは、ワードプレス上に「新たに画像だけの空ページをつくらない」ための設定。
すでに作成されてしまった画像だけの空ページへの対処法は、以下で解説します。

 

サーチコンソールで該当ページをGoogleの検索結果から削除

すでに作成されてしまった空ページは、サーチコンソールの「URL削除ツール」で削除できます。
手順は以下。

URL削除手順

STEP1.
  • サーチコンソールにログインし、「URL削除ツール」をクリック。

サーチコンソールのURL削除ツール

STEP2.
  • 「新しいリクエスト」をクリック。

サーチコンソールのURL削除ツールで新規リクエストを行う

STEP3.
  • 「URLを一時的に削除する」タブに、削除したいURLを入力。
    「このURLのみを削除」を選択し、「次へ」をクリック。

サーチコンソールのURL削除ツールに削除したいURLをインプットする

STEP4.
  • 「リクエストを送信」をクリック。

サーチコンソールのURL削除ツールで削除リクエストをGoogleに送信する

STEP5.
  • 一覧に削除リクエストが反映されれば完了!

サーチコンソールのURL削除ツールで削除が完了した画面

手順おわり

 

削除リクエスト送信時の確認メッセージにも書かれていますが、削除といっても一時的(6か月)な措置となります。
つまり、6か月後にはふたたびインデックス(検索エンジンに登録)されてしまいます。

 

これを防ぐには、以下の設定を適用。

 

画像だけの空ページを再インデックスさせない設定

All in One SEO Pack の設定を、以下のとおり変更します。

 

  • 一般設定 > Noindex 設定 > NOINDEXをデフォルトにする >「メディア・添付ファイル」のチェックを入れる
画像の空ページを再度インデックスさせないための設定(All in One SEO Pack)

 

「NOINDEX」をわかりやすく言うと、「このページを検索エンジンに登録しないでね!とGoogleに伝えること」です。
上記設定にしておけば、画像だけの空ページが再度検索エンジンに登録されることはなくなります。

 

以上で、対処法についての説明は終了。

 

とはいえ、Googleは意味のないページを無視するのに長けている

ここまで解説しておいてなんですが、Googleは「意味のないページを判別・無視することが得意」だと考えられます。
Googleの公式ブログ内で、以下のとおり言及しているからです。

 

あなた自身のサイト内の重複するコンテンツについて、過度に気にする必要はありません。Google は重複するコンテンツを無視することに長けています。

引用:Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

この一文だけを切り取って、「画像だけの空ページも無視することが得意」と結論づけるのは少々無理やりかもしれません。

 

しかし事実、僕のブログで画像だけの空ページが大量にインデックスされていても、サーチコンソールでエラーが出ていませんでした。
しかも、問題なく検索上位を取れました。

 

ってことは・・・画像だけの空ページを放っておいても、SEO的に悪影響はないかもしれません。
「検索」という巨大市場を独占できているのも、無意味・無価値なページを排除する、Googleの優れた技術あってこそですからね。

 

とはいえ、ユーザー目線で考えれば、「画像だけのページ」なんて見たくないですよね?
ユーザーさんにとっては、そのようなページは無価値以外の何者でもありません。

 

まとめ : 画像だけの空ページはさっさと削除しよう

まとめ : 画像だけの空ページはさっさと削除しよう

価値のないページをインデックスさせておいて損することはあっても、得することはあり得ません。

「Googleが無価値ページを無視する(評価対象外とする)かもしれないから」と慢心するのは早計。

 

All in One SEO Pack の設定をミスってた方は、ぜひこの機会に対策しておきましょう!

 

さいごに、せっかくAll in One SEO Pack をインストールしているなら、SEO対策もシッカリやっていますか?

 

インストールはしたけど、使ってないなぁ・・・

って方は、以下記事を参考に、基礎的なSEO対策をしっかりやりましょう。

 

 

では今回はこの辺で(`・ω・´)ゞ

↓このブログのテーマだゾウ!

【変人向けテーマ】ELEPHANT3とは?購入した変人が売り文句を検証

✅ブログ集客のための機能満載!
✅SEO対策のGoogle評価100点!
✅ユーザー配慮の読込みスピード!
✅コード1つで簡単カスタマイズ!
✅個性的で人とカブりづらい!
✅複数ブログで使い回しOK!

この記事を書いている人 - WRITER -
✅このまま会社にいても『給料は頭打ち・頑張りを搾取される・将来が先暗い』ことを悟り、18年春に行動を開始した遅咲きブロガー。(正直に言えばまだ咲いていない) ✅【やるなら本気で!】と背水の陣で投資した高額教材。しかしそれでも稼げない現実に絶望。自力でコツコツやるしかないと開き直り、200記事書いてとうとう1円も稼げなかったブログとお別れ。(後日収益5桁発生) ✅失敗を糧に、ブログ運営に失敗しないための知識・戦略を提供するべく、現ブログを立ち上げ。 お気軽にフォローください(`・ω・´)ゞ
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ずーかまブログ , 2020 All Rights Reserved.